So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Flower of white dandelion [Square World]

道端にシロバナタンポポ(Taraxacum albidum)の花が咲いていました。
Taraxacum albidum.jpg
【撮影条件】 Camera: NEX-7, Lens: 80 mm of AF Nikkor 28-80mm F3.3-5.6 G, Aper: f/8, Ex.: 1/640 sec, ISO: 100.

AF Nikkor 28-80mm F3.3-5.6 G のほぼ最短撮影距離で撮りましたが、良い写りです。
設計者の佐藤治夫さんが、ニッコール千夜一夜物語の第六十三夜で”安価なレンズにこそ「ニッコール魂」が宿る”と書かれたのも納得です。

西日本の日本海側には、シロバナタンポポとよく似たケイリンシロタンポポも自生しているそうです。
シロバナタンポポがケイリンシロタンポポとカンサイタンポポが交雑してできた種なので、シロバナタンポポとケイリンシロタンポポを外部形態だけで区別するのは難しいようです。

いわゆるセイヨウタンポポは複数の種が含まれている可能性が高いため、最近は外来タンポポ群と呼ばれています。また、外来タンポポ群は単為生殖と考えられてきましたが、在来種と交配可能な花粉をつくるため、両者の交雑個体が出現しているそうです。この交雑個体が安定して繁殖すると新しい種となりますので、少なくとも植物では、新種の出現は珍しいことではないと言えます。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー