So-net無料ブログ作成

Mirror-less is closing on the heels of DSLR! [その他]

5月のCIPA加盟メーカーからのカメラ出荷は以下の通りです。

Total:51,676,768 千円(前年同月比 159.4.0%)
DSLR: 28,678,412 千円(前年同月比 115.7%)
Mirror-less:22,998,356 千円(前年同月比 301.4%)

平均出荷単価
DSLR:44,474 円
Mirror-less:58,887 円

ミラーレスの急拡大は、平均単価がDSLRよりも高額なことを考えると、ソニーの α7 シリーズと α9 のおかげでしょうね。

今年末には発表されるであろうニコンのミラーレスは、ソニーに対抗できるでしょうか。
特許申請を見ていると、ニコンのミラーレスボディとレンズ間のデータ通信は Nikon 1 の仕様がベースと思われます。通信速度は充分に速いはずなので、AF 追従連写速度が α9 をどれくらい超えるか楽しみです。
ルネサスが高速 PDAF 可能なセンサを開発していますので、ソニーを超えるためにニコンとルネサスのコンビが復活するかもしれません。

キヤノンはミラーレスとして EOS M を展開していますが、EF-M マウントは E マウントよりも内径がわずかに小さい仕様です。ソニーが起こしたミラーレスでのセンサ大型化の潮流に、キヤノンはどのように対応するのでしょう。こちらも楽しみではあります。

、個人的には APS-C 型で充分です。