So-net無料ブログ作成

Sony starts to develop an astronomical camera with a curved medium format sensor [Patent]

ソニーが中判サイズの湾曲センサを搭載した天体用カメラの特許を申請しています。

【公開番号】特開2017-102189(P2017-102189A)
【公開日】平成29年6月8日(2017.6.8)
【発明の名称】撮像装置、および電子装置
【課題】民生用として最大級のサイズを有する撮像素子と、光学的により明るく、より簡素なレンズ構成の単焦点レンズとを備える撮像装置を提案する。
【解決手段】(前1文省略)。本開示は、例えば、天体観測用途の光学機器に適用できる。

【実施例1の主な仕様】
f(焦点距離) =387mm
F(開口数) =2.8
ω(半画角) =5.0deg
H(レンズ全長) =679mm

JPA_429102189_000003.gif
第1の実施の形態である撮像装置10の構成例を示す図

JPA_429102189_000004.gif
単焦点レンズ11に対応する諸収差を示す図

JPA_429102189_000005.gif
単焦点レンズ11に対応する像高と視感度のMTFの関係を示す図

天体写真専用のシュミットカメラでは、結像面に合わせてフィルムを湾曲させていました。
最初に湾曲センサを採用するデジタルカメラは、天体写真用カメラかもしれませんね。