So-net無料ブログ作成

Patent application for presumptive 1 Micro NIKKOR VR 30mm f/2.8 [Patent]

ニコンから 1 Micro NIKKOR VR 30mm f/2.8 と思われる光学系の特許が申請されてます。

1 Micro NIKKOR VR 30mm f/2.8
特開2017-54083 (P2017-54083A)
公開日 2017年3月16日

第1実施例
[全体諸元]
f = 30.00
FNo= 2.90
ω = 15.0
Y = 7.97
TL = 83.058
BF = 27.427
JPA_429054083_fig1.gif
第1実施例レンズ構成図


JPA_429054083_fig2.gif
第1実施例諸収差図(無限遠)

JPA_429054083_fig3.gif
第1実施例諸収差図(0.5倍、1倍)

等倍(1倍)でも収差が小さく、手振れ補正系もありますので、画素ピッチが狭い1型センサでも良好な画質でマクロ撮影が行えるでしょう。
Nikon 1 の今後の製品展開が気になりますね。

Flower of Jacqueline du Pré [Small Square World]

いつの間にか、ベランダにバラの鉢が増えていました。
品種名はジャクリーヌ・デュ・プレ Jacqueline du Pré です。
Jacqueline du Pré.jpg
【撮影条件】
Camera: Sigma DP3 Merrill, Lens: 50mm f/2.8 with Close-Up lens (Canon 250D), Aper.: f/8, Ex.: 1/25 sec, ISO: 100, Image area size.: 1 x 1 cm

Patent application of zoom lens using electro-optical elements from Sony Olympus Medical Solutions [Patent]

ソニー・オリンパスメディカルソリューションズから、電気レンズを使ったズームレンズの特許が申請されています。
【発明の名称】 電気レンズ、光学ユニット及び撮像装置
特開2017-3810 (P2017-3810A)
2017年1月5日公開
Fig1.gif
電気レンズユニット

Fig6.gif
電気レンズ群を含むズームレンズ

電気レンズを利用することで光学系の全長を短縮できるようです。


Zoom lens patent application from Ricoh Imaging [Patent]

HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR レンズ光学系の特許申請が公開されました。
特開2017-53889 (P2017-53889A)
2017年3月16日公開
HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR_patent.jpg
【各種データ】
ズーム比(変倍比) 3.57
    短焦点距離端  中間焦点距離  長焦点距離端
FNO.  3.6       4.6       5.7
f    28.70      54.99     102.38
W    38.1      21.1      11.7
Y    21.64      21.64     21.64
fB   43.84      57.56     75.00
L    128.65     150.19     179.18

Lavender [Small Square World]

いつの間にか、ベランダにラベンダー(Lavender spp.)の鉢が増えていました。
lavender_spp.jpg
【撮影条件】
Camera: Sigma DP3 Merrill, Lens: 50mm f/2.8 with Close-Up lens (Canon 250D), Aper.: f/8, Ex.: 1/20 sec, ISO: 100, Image area size.: 1 x 1 cm

Merrill センサーの解像感は凄いです。

Oh Nikon1 V1 and 2, you were too early [機材]

ソニーが Alpha 9 を発表しました。
製品の姿は、5年前の Nikon1 V2 を彷彿させます。
V2_A9.png

像面位相差AF追従での高速連続撮影時の発熱と消費電力が許容範囲に入る最大のセンサーサイズは、5年前は1型だったのでしょう。
Nikon1 1 V1 と V2 の製品コンセプトは、早すぎたのかもしれません。

Patent of AF calibration for the different MTF from TAMRON [Patent]

タムロンがMTFに合わせてフォーカス位置を微調整するしくみについて特許を申請しています。

背面液晶での等倍表示でフォーカルを合わせた画像を縮小すると寝ぼけた感じになったり、背面液晶の表示では合っているように見えたフォーカスが拡大するとズレていた経験をお持ちの方は多いと思います。

この原因は、表示サイズによってコントラストに寄与する MTF の空間周波数が異なるためです。レンズによっては低周波と高周波でコントラストのピーク位置が異なっていることがあり、拡大表示(主に高周波が寄与)で合わせると縮小画像(主に低周波が寄与)とはフォーカスがズレることになります。この逆も起こります。

今回のタムロンの特許は、レンズの情報をカメラ本体に伝えると共に、撮影者に鑑賞サイズ(ピクセル等倍~サービス版印刷)を選んでもらうことで最適なMTFが選択され、そのピーク位置にフォーカスを合わせるしくみです。

合焦制御装置、レンズ鏡筒、及び、光学機器
特開2017-68195(P2017-68195A)
2017年4月9日公開
2017-68195-12.gif
図1,2
2017-68195.gif
図4

タムロンは、レンズだけでなくカメラボディのOEMも目指しているのかもしれませんね。
ペンタックスがタムロン製になる日が来るかもしれません…。

Zoom lens patent application from Sigma [Patent]

シグマが 50-100mm F1.8 DC HSM Art と関連するズームレンズの特許を申請しています。

大口径ズームレンズ
特開2017-40769 (P2017-40769A)
2017年2月23日公開
2017-40769.gif
第1実施例レンズ構成図

[第1実施例 各種データ]
ズーム比 1.88
     広角 中間 望遠
焦点距離  51.50 70.00 97.00
Fナンバー  1.87 1.87 1.87
全画角2ω 31.43 22.81 16.33
像高Y   14.20 14.20 14.20
レンズ全長 200.13 200.15 200.12

申請文献中のいずれの実施例も 50-100mm F1.8 DC HSM Art とはレンズ構成が少し異なります。
50-100mm F1.8 DC HSM Art の方がレンズ枚数が多いので、申請から更に高性能になっているのでしょう。

Prime lens patent applications from Sigma [Patent]

シグマの 20mm F1.4 DG HSM Art と 500mm DG OS HSM Sports と思われる特許申請です。

20mm F1.4 DG HSM Art
特開2017-15941 (P2017-15941A)
2017年1月17日公開
JPA_429015941_000011.gif
第2実施例レンズ構成図

[第2実施例 全体諸元]
焦点距離: 20.69
Fナンバー: 1.46
全画角2ω: 93.69
像高Y: 21.63
レンズ全長: 161.26


500mm F4 DG OS HSM Sports
特開2017-32809 (P2017-32809A)
2017年2月9日公開
2017032809.PNG
第1実施例レンズ構成図

[第1実施例 全体諸元]
      INF  3500mm
焦点距離: 487.00  372.04
Fナンバー:  4.11  4.11
全画角2ω: 5.06  3.86
像高Y:   21.63  21.63
レンズ全長: 404.50  404.50
防振係数: 2.39  2.39


特開2017-15941 にはレンズ面形状がわずかに異なる2つの実施例(2と3)があり、どちらが 20mm F1.4 DG HSM Art かは判断できませんでした。

特開2017-32809 を見ると、500mm F4 DG OS HSM Sports は被写体が近くなると、焦点距離が短くなって画角が狭くなります。両側テレセントリック的な光学系になっているのでしょうね。

Zoom lens patent applications from Nikon [Patent]

ニコンが魚眼ズームレンズと高倍率ズームレンズの特許を申請しています。

魚眼ズームレンズ
特開2017-68114 (P2017-68114A)
2017年4月6日公開
2017-68114A.gif
第1実施例レンズ構成図

[第1実施例 全体諸元]
     最短焦点距離状態 中間焦点距離状態 最長焦点距離状態
焦点距離 =  8.17997   ~ 11.84980   ~ 15.45007
FNo  =  3.56351   ~  4.12559   ~  4.67681
半画角  = 89.14213   ~ 88.84958   ~ 87.50077
イメージ径 = 11.20     ~ 16.50     ~ 21.60


高倍率ズームレンズ
特開2017-68116 (P2017-68116A)
2017年4月6日公開
2017-68116A.gif
第1実施例レンズ構成図

[第1実施例 全体諸元]
ズーム比 33.14
      広角端 中間焦点 望遠端
焦点距離  10.0   53.2   331.4
イメージ径  15.6   15.6   15.6
Fno     3.1   4.7    6.7
画角     84.0   18.6    3.0


魚眼ズームレンズは、イメージサークル径(円周魚眼径)が4/3型からフルサイズまで変わります。
APS-C型センサー機では、円周魚眼から対角魚眼までの変化を楽しめそうですね。

高倍率ズームレンズは、イメージサークル径からすると4/3型センサー用でしょうか?【2017.04.21 修正】、1型センサー用です。
DL シリーズの企画時に検討されたのかもしれません。