So-net無料ブログ作成

Colorless rose [Small Square World]

colorless_rose.png
【撮影条件】
Camera: Sigma DP3 Merrill, Lens: 50mm f/2.8 with Close-Up lens (Canon 250D), Aper.: f/8, Ex.: 1/2 sec, ISO: 100, Image area size.: 1 x 1 cm

3月29日のモノクロ現像です。
色がないと印象が異なりますね。
カメラの背面ディスプレイにモノクロ表示モードが欲しいです。

Re-evaluation of KP and D500 at ISO819200 [機材]

Dpreview に KP のスタジオ撮影結果が掲載されました。
低照度照明下での撮影結果です。

手元でも現像し、比較しました。
Dpreview のスタジオ撮影では、低照度条件で KP と D500 の共に、絞り f/5.6、シャッタ速度 1/2500 秒です。

KP の ISO819200 設定撮影画像の一部です。
KP_ISO819200.png

D500 の ISO819200 設定撮影画像の一部です。
D500_ISO819200.png

カラーチャートに含まれるグレースケールで色温度を合わせているのですが、とても同じ色には見えません。
その原因は、KP の画素の多くが飽和しているためです。以下に現像時のヒストグラムを示します。

KP です。
KP_histgram.png

D500 です。
D500_histgram.png

画素数は KP が D500 よりも2割ほど多いため、逆に画素の面積は2割ほど KP が小さく飽和し易い可能性があります。しかし、KP の飽和画素はそれでは説明できないほどの数です。多分、アナログアンプのゲインが D500 よりも大きいのでしょう。

ISO819200 設定での画質は、KP よりも D500 が明らかに良いと感じました。
D500 の画像には色を感じますが、KP の画像は色が分かりません。

Colorful rose [Small Square World]

今週の前半に記念日があったので、バラを買いました。
花屋の店員さんはピンクと表現したのですが、私にはマゼンタに見えます。
magenta_rose.jpg
【撮影条件】
Camera: Sigma DP3 Merrill, Lens: 50mm f/2.8 with Close-Up lens (Canon 250D), Aper.: f/8, Ex.: 1/2 sec, ISO: 100, Image area size.: 1 x 1 cm

最も外側の花弁にはグリーンも混じり、少し離れて眺めると、とても複雑な花色です。

Sony also sells their latest sensor to other camera manufactures [その他]

Imaging Resource に掲載されたインタビュー記事が、ソニーのセンサー販売戦略について議論を引き起こしました
記事はすぐに削除されましたが、26日に長文のコメント付きで再掲されています。
結局は、インタビュアーの "the subject of a *lot* of misinformation, misinterpretation and speculation on the 'web" でした。
再掲記事に付けられた Dave Etchells さんの追加コメントは、言い訳をしたいのでしょうが、長すぎです…。

Has Sony decided not to sell certain sensors to other companies? [その他]

Nikon Rumors に ”Sony to no longer sell certain sensors to other manufacturers?" という記事が掲載され、話題になっています。本当なら、キヤノン以外のカメラメーカーには大変なことです。

記事の元となった情報は Imaging Resource のインタビュー記事で、その記事は既に削除されていますが、Google Webcache で読むことができました。

インタビュー相手の Tanaka さんは "And the sensor is a custom only Sony can use these sensors, and our strength is our in-house technology." と発言したそうですが、インタビュアーの解釈を除いた日本語訳は”センサーはソニーだけが使えるカスタム品で、このような自前の技術が我々の強みだ” です。ここでのソニーは、Tanaka さんが所属する「ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社(IP&S)」でしょう。

ソニーグループでは、センサーの設計と製造は「ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社」とその子会社の「ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング株式会社(SCK)」が行っています。

Tanaka さんは、同じソニーグループの SCK が IP&S 専用センサーを製造していると言っているだけだと思います。

ニコンから 42M 画素 35mm フルサイズ裏面照射型 CMOS センサー搭載機が発表されないのは、単純に新型センサーのコストが高すぎるためでしょう。
A7R/S II の価格ジャンプアップは凄すぎです…。

Evaluation of KP and D500 at ISO819200 [機材]

2月15日に、Imaging Resource に掲載された KP と D500 の超高感度画像比較について、批判的な記事を書きました
その記事にいただいた FT さんのコメントから、KP は ND8 フィルターを付けて撮影しているらしいことが分かりました。Imaging Resource が比較に用いた D500 の画像は ND フィルター無しで撮影しているので、撮影条件が全く同じとは言えません。そこで、Imaging Resource のサンプル画像を調べたところ、D500 に ND8 フィルターを付けて撮影した画像が公開されていました。
D500 での撮影画像はここで、KP での撮影画像はここです。

両カメラの ND8 フィルターを付けて ISO819200 で撮影した画像の RAW を DCRaw で現像し、 16 bit TIFF で保存しました。RawTherapee で露出とカラーチャート部のグレーを利用して色温度を補正して 8 bit TIFF で保存し、ImageJ でカラーチャート部を切り出して png 形式で保存しました。
KP の露出はオーバー気味だったため補正していませんが、D500 は+2段の露出補正を行っています。
どちらもノイズリダクションは行っていません。

まずは、KP です。
KP_ISO819200-ND8.png
カメラ内 jpeg はこちらです。

次に、D500 です。
D500_ISO819200-ND8.png
カメラ内 jpeg はこちらです。

同じ撮影条件の KP と D500 の超高感度設定画像を比較すると、 ノイズに差は感じませんが、色は D500 の方が残っていると感じます。”KP は D500 よりも優れている”という報告はキャッチーですが、公正な比較を行うと、疑問のある結論です。Imaging Resource には、もう少し正確な記事をお願いしたいですね。

3.11 [その他]

明日は3月11日です。

全ての人々にやすらぎと不安のない未来を願います。
BlueSky.jpg
不安は尽きませんが…。

Complementary pair [機材]

16-50mm を付けた NEX-5N と 55-300mm を付けた D5100 をペアにすると、35mm フルフレーム換算で 24-450mm を同じセンサーでカバーできます。
55-300_16-50.jpg
イベントの撮影では重宝します。

Blossoms of Ume [その他]

近所の遊歩道の白梅並木で、花が満開でした。
ウメの開花はソメイヨシノほど同調しませんので、満開でも落ち着いた印象です。
Blossoms of Ume.jpg
Camera: Sony NEX-5N, Lens: 50mm (E PZ16-50mm), Aper.: f/14, Ex.: 1/80 sec, ISO: 125.
なぜか AF が花にフォーカスを合わせてくれなかったので、絞って MF で撮影しました。
E PZ16-50mm は MF に向いていません…。