So-net無料ブログ作成

Nikon develops a PDAF sensor to combine with Global shutter and HDR mode [Patent]

ニコンが、位相差検出画素の構造を発展させ、グローバルシャッターと開口率向上および HDR を可能にする回路の特許を申請しています。

グローバルシャッターと開口率の向上
【公開番号】特開2017-103696(P2017-103696A)
【公開日】平成29年6月8日(2017.6.8)
【発明の名称】固体撮像素子及び撮像装置

HDR の実現
【公開番号】特開2017-103603(P2017-103603A)
【公開日】平成29年6月8日(2017.6.8)
【発明の名称】撮像素子、撮像装置、及び撮像方法

JPA_429103603_000003.gif
実施形態に係る撮像素子を示す図

一般的な撮像面位相差検出画素は、一部が遮光されているため、開口率は小さくなってしまいます。
そこでニコンは、上図のようにキヤノンの Dual Pixel CMOS と同様に一つのマイクロレンズ下に複数の PD を配置し、位相差検出時にはその内の一つだけから読み出して瞳分割を行い、画像撮影時にはすべての PD の電荷を回路的に一つのキャパシタに集めてグローバルシャッターを実現する回路を設計しました。
この回路は、PD 毎に露光時間を変えることが可能なので、HDR 撮影にも応用できます。

登場が年末ごろと噂されているニコンの大型センサのミラーレスカメラに、このような機能を持つセンサが搭載されるかもしれませんね。

nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 3

hinden563

これは興味深い特許出願ですね
by hinden563 (2017-06-12 13:35) 

kofuji

キヤノンの特開2001-250931「固体撮像装置およびこれを用いた撮像システム」の審査請求は未請求になっているようです。
by kofuji (2017-06-12 20:19) 

hi-low

> hinden 563 さん
ニコンのミラーレスがどのようなセンサを搭載するのか、楽しみですね。

> kofuji さん
情報ありがとうございます。
キヤノンの Dual Pixel CMOS 構造の特許申請は、2007年6月26日にみなし取下になっていたのですね。公知として、類似技術の特許化を抑える戦略でしょうか。

by hi-low (2017-06-12 21:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0