So-net無料ブログ作成
検索選択

Has Sony decided not to sell certain sensors to other companies? [その他]

Nikon Rumors に ”Sony to no longer sell certain sensors to other manufacturers?" という記事が掲載され、話題になっています。本当なら、キヤノン以外のカメラメーカーには大変なことです。

記事の元となった情報は Imaging Resource のインタビュー記事で、その記事は既に削除されていますが、Google Webcache で読むことができました。

インタビュー相手の Tanaka さんは "And the sensor is a custom only Sony can use these sensors, and our strength is our in-house technology." と発言したそうですが、インタビュアーの解釈を除いた日本語訳は”センサーはソニーだけが使えるカスタム品で、このような自前の技術が我々の強みだ” です。ここでのソニーは、Tanaka さんが所属する「ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社(IP&S)」でしょう。

ソニーグループでは、センサーの設計と製造は「ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社」とその子会社の「ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング株式会社(SCK)」が行っています。

Tanaka さんは、同じソニーグループの SCK が IP&S 専用センサーを製造していると言っているだけだと思います。

ニコンから 42M 画素 35mm フルサイズ裏面照射型 CMOS センサー搭載機が発表されないのは、単純に新型センサーのコストが高すぎるためでしょう。
A7R/S II の価格ジャンプアップは凄すぎです…。
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 4

kiyo

どうも、意識せずに、ソニーは独禁法に挑むのでしょうかね。
イメージセンサーの巨人となったメーカーが、実情は兎も角として、メーカー差別を行うのは、どう考えても、抵触する気がします。
それを公言する気が知れません。
by kiyo (2017-03-20 09:48) 

hi-low

> kiyo さん

カメラの販売台数を考えると、ニコンは SCK にとって IP&S よりも大口の取引先なので、SCK から関係を悪くするような行動を起こすことはないでしょう。

Imaging Resource の記事はすぐに削除されたようですが、取引先(ニコンやリコー等)との関係悪化を懸念したソニーが要請したと想像しています。

by hi-low (2017-03-20 19:02) 

通りすがり

初めてコメントさせていただきますが、仰る様に価格等の問題で
採用しにくい面が大きいのでしょうが、ソニーにはオリンパスへの
センサー供給を制限した「実績」がありますから、ちょっとビックリ
してしまいました

by 通りすがり (2017-03-21 10:15) 

hi-low

> 通りすがり さん

DxO Mark による低感度領域での計測では、8M 縮小画像同士の比較でも A7R II の 42M 画素センサーは D810 の 36M 画素センサーを超えていません。42M 画素 DSLR をニコンが発表していないのは、企画するほどの魅力を感じなかったのだと思います。
しかし、ミラーレスでは高速読み出しが必須なので、ニコンも 42M 画素センサーを選ぶでしょう。その際には、Nikon 1 でアプティナと共に開発したインライン配列の位相差検出画素を組み込んでくると思います。
問題は価格でしょうね。

by hi-low (2017-03-22 00:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: